ラズベリーパイの組み立て方

2

ラズベリーパイを使うために必要なもの

1

ディスプレイ接続ケーブル

ディスプレイとラズベリーパイをつなぐためのケーブルが必要です。ディスプレイがHDMI入力の場合はHDMIケーブル、VGAまたはDVI入力の場合はHDMIに変換するケーブルが必要となります。

USB接続キーボード&USB接続マウス

普通のデスクトップパソコンで使われているUSB接続のキーボードとマウスがそのまま使えます。S/2接続をお持ちの場合は、PS/2-USB変換アダプタが必要になります。

USB電源アダプタ

ラズベリーパイの電源の役割をします。5V1000mA以上、もしくは1A以上の出力が必要です。スマートフォンやタブレット用の充電器も使用することができます。

microUSBケーブル

ラズベリーパイとUSB電源アダプタをつなぐために必要です。これもスマートフォンやタブレットのmicroUSBケーブルを活用できます。

SDHCカード

普通のパソコンでいうハードディスクドライブ(HDD)の役割ををします。デジタルカメラなどで使われているSDHCカードが使えます。4GB以上から使用することができますが、様々なソフトウェアを使用する場合は8~32GBがおすすめ。

スピーカー(必要な場合)

ディスプレイにスピーカーが内蔵されてない場合はラズベリーパイのオーディオ出力端子を使って音を出します。3.5mmのオーディオケーブルでスピーカーに接続します。

LANケーブル(必要な場合)

インターネットに接続したい場合に必要です。

USBハブ(必要な場合)

USBハブには、大きく分けて「セルフパワー」「バスパワー」「セルフ・バス両対応」のタイプがあります。2つ以上のUSB端子を使用したい場合、また、モデルAを使用する場合(USB端子が1つ)にUSBハブを使用します。(どのUSBハブのタイプでも可能)消費電力の大きなUSB接続機器を使用する場合にはセルフパワー式、またはセルフ・バス両対応のタイプを使用するのがおすすめです。

Point

ラズベリーパイは機材の種類によっては、相性が合わずに起動のできないものもあります。特に学校や団体で、たくさんの機材を購入の際には、実際に購入を予定している機材で事前にラズベリーパイの起動確認をすることをおすすめしています。

また、PEGでは、必要機材をいくつか試し、ラズベリーパイの起動を確認できた機材に関して一覧にしてあります。機材の型番や購入先、現時点での価格などについてまとめておりますのでご参考にしたいただければ幸いです。(PEG推奨機材一覧表はこちら

ラズベリーパイに機材をつなごう

①キーボード・マウスの接続

USB接続キーボードとUSB接続マウスをラズベリーパイのUSB端子に接続します。ラズベリーパイモデルBには2つのUSB端子がありますが、どちらに接続しても大丈夫です。

3

②SDHCカードの接続

ラズベリーパイの裏側にあるSDHCカードスロットにとりつけます。SDHCカードの金属端子が、スロットの金属端子につながるように差し込みます。SDHCカードの切欠きと、スロットの切欠きがぴったりはまるところまで、ゆっくり差し込みます。

4

③ディスプレイ接続ケーブルの接続

ディスプレイがHDMI入力の場合、HDMIケーブルを使います。まずはディスプレイ自体の電源をONにします。HDMIケーブルを、ラズベリーパイのHDMI出力端子とつなぎます。

5
6

Point
  • ・ラズベリーパイの持ち方

    ラズベリーパイにはさまざまな電子部品が付属されています。人間の体には静電気がたまっている場合もあるので、電子部品にふれると電気が流れてしまう可能性があり、故障の原因となります。写真のように、できるだけラズベリーパイの緑色の基盤部分だけ触るように気をつけましょう。

  • ・機材はしっかり最後まで差し込む

    ラズベリーパイとそれぞれの機材をしっかり最後までつながないと、接触不良で起動ができない場合があります。力を強く入れすぎない程度に、しっかり差し込んでいることを確認しましょう。授業やワークショップなどでこどもたちに組み立てを行ってもらう場合は、となりの席同士で確認し合うのもおすすめです。

ラズベリーパイの電源をいれよう!

④USB電源アダプタをコンセントに差し込む

7

⑤microUSBケーブルの接続

ラズベリーパイのmicroUSB端子にmicroUSBケーブルを接続します。

8 9

⑥電源を入れる(USB電源アダプタにmicroUSBケーブルを接続)

10

⑦起動確認

ラズベリーパイの端にある「PWR」とかいてあるLEDが赤く光り、「ACT」と書いてあるLEDが緑色に点滅すれば起動完了。

11 12

Point
  • もしもディスプレイに何もうつらなかったら?

    ディスプレイ本体の電源が入っているか確認します。

    ディスプレイの外部入力設定がHDMIの設定(DVIやVGA使用の場合はDVI、VGAの設定)かどうか確かめます。

    SDHCカードがしっかり入っているか確認します。

    ラズベリーパイに接続している機材がしっかりつながっているか確認します。

    一度電源を抜いて、再度電源を入れてみます。

ラズベリーパイのシャットダウン方法

①シャットダウンボタンをクリック

デスクトップ画面右下の「シャットダウン」ボタン(赤い丸ボタン)をクリック

13
14

②「シャットダウン」を選択

シャットダウンダイアログ」→「シャットダウン」を選択→画面が暗転

15

③白い点滅線の確認

ディスプレイ左上で点滅している白い点滅線が消えることを確認

16

④電源をオフにする

USB電源アダプタ側からmicroUSBケーブルを抜く
参考資料:Raspberry Piではじめるどきどきプログラミング